アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
建築と社会福祉
ブログ紹介
建築と社会福祉は表裏一体の概念です。

建築は人の暮らしの空間を創り、社会福祉は人の暮らしを支えます。建築と社会福祉は双方とも人の暮らしに関わり仕事であり、切り口が異なるだけです。

人が優先される空間は、建築と社会福祉で構成される必要があります。そんなブログになればと考えています。
zoom RSS

照明器具の製品価格 談合?

2016/11/25 18:35
仕事で照明器具を選ぶことがある。

最終的には施主がGOサインを出すのだが、一つひとつを選ぶのは大変なので、先ず「こう言うイメージはいかがですか」と選んで置くのである。

照明器具のメーカーは沢山あるが、私はODELICから選ぶことが多い。

ある施設の仕事で、高天井の部屋をデザインした。

なので、照度が必要なので、それなりの器具を選んだ。

画像

定価は23,800円(税別)である。


現場が進み、施工店からお願いがあった。

「照明器具のメーカーを変えて欲しい」

多分、ODELICよりも入りの掛け率が良いメーカーを使いたいのだろう。

選出している器具はシンプルなデザインであるので、似たデザインであれば承認しようと思った。

この仕事は入札だったので、この工務店は出精値引きが一番多くて仕事を取った。

なので、きつい事は理解しているので、それに報いるつもりなのである。

メーカーが東芝であった。

画像

写真は2,800円と出てるが、下の本体部分を足すと、23,800円である。


?????


メーカーが違うが、定価設定は同じである。

23,800円(税別)

もしかして、と調べた。

Panasonic
画像

定価23,800円(税別)

三菱
画像

定価23,800円(税別)

コイズミ
画像

定価23,800円(税別)

DAIKO
画像

定価23,800円(税別)


……… これって、談合?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

建築と社会福祉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる