建築と社会福祉

アクセスカウンタ

zoom RSS 餅まき

<<   作成日時 : 2011/07/12 09:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

餅まきの日がやってきました。
画像

これは、棟木のてっぺんに縁起物の飾り物です。
この吹き流しを見て、ご近所は「餅まき」を知ります。

でも、今回は、口コミで人が集まりました。
地域コミュニティーが育っている場所です。

まずは、棟梁(とうりょう)が祝詞(のりと)を奏上します。
画像

祝詞は、神職にはお願いせず、棟梁が行いました。
やる気いっぱいが感じられ、気持ちの良い祝詞でした。

これが祭壇(さいだん)です。
画像

細やかな配慮というか、しきたりというか、
日本人だぁ〜と感じるのか、これです。
画像

画像

棟札(むなふだ)の左右に、亀と鶴の置物が・・・。
2pもない位の小さな置物ですが、
張り子の虎のように、亀も鶴も首を振ります。

棟梁が祝詞をあげている間、さわやかな風が入ってきて、
それに合わせて、亀と鶴が首を振っていました。
「千年も万年もよろしくお願いします」と言っているようで、
心引きしまる時間でした。

式は、棟梁の祝詞の後、家の四隅の柱に塩とお米で清めます。
これは、棟梁と施主の役割です。

最後は、祭壇に挙げている御神酒で
「完成まで、よろしくお願いします」という意味で、
乾杯です。
画像


さあ、お餅まきです。
四方固めというお飾り餅を四隅に奉納し、
画像

その後、餅、お菓子、抽選権付きのタオルなどを撒きました。
画像

口コミですが、沢山の人が集まってくれました。
盛況のうちに、餅まきは終わりました。
怪我もなく、無事終了しました。感謝です。

屋根のてっぺんからみた、東側の景色です。
中央公園の武道館や坊ちゃんスタジオが見えます。
画像

餅まきの後は、現場でお祝いの宴です。
最後に、関係者みんなで記念写真です。
画像

白いシャツの坊主頭が棟梁です。
若いが、キャリアは十分。

若い世代の職人が頑張る現場は、活気があり、
将来性が感じられ、こちらも元気になります。

良い家になりそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
餅まき 建築と社会福祉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる